トップページへ 理事長あいさつへ お知らせへ 瀬戸内里海振興会についてへ 活動報告 案内へ 会員のページへ こども博士へ
 
活動報告
 

 本業務は、山口県田布施町馬島の養殖場跡池に平成16年11月に造成された実験干潟(海砂代替覆砂材としてHiビーズと各種の割合で混合した浚渫土を使用)にアサリとアマモを移植し、これらを定期的にモニタリングすることにより、海砂代替覆砂材がアサリとアマモの生息に及ぼす効果を定量的に評価することを目的として実施しました。
 
業務場所   山口県田布施町馬島の車海老養殖跡池(1号池)
   
業務場所
 
業務内容
  アサリとアマモの生息状況、底質環境の変化(1.経時変化、2.海砂代替覆砂材の有無、種類による違い)の把握
 
業務の流れ  
 
業務の流れ
 
アサリ(成貝)の移植

平成16年11月実施
 
 5×5mの実験区を25分割して設けた各区画(面積1×1平方メートル)に、ラッカー・スプレーで青色に着色した成貝(平均殻長22.4mm、平均重量3.4g)を1区画当たり2kgの密度(約600個体)で移植しました。なお、成貝は大分県豊前海産のものを使用しました。  
アサリ種苗
青色に着色した成貝
 
アマモ(栄養株)の移植

平成18年3月実施
 
 1区画の面積が1平方メートルとなるように2.5×2.5mの実験区を碁盤状に分割して、アマモ(栄養株)の移植を行いました。移植は、養殖場跡池近隣の天然アマモ場から採取したアマモ(栄養株)を1区画当たり20株の密度となるように調整し、アマモ(栄養株)の地下茎を鉄製ナットで固定する方法(固定法)で実施しました。
 実験区として、現地盤区(2箇所)のほか、浚渫土区(1箇所)、Hiビーズと浚渫土の混合区(複数種)を整備してモニタリングを実施しましたが、平成18年11月までに1箇所の現地盤区を除いた区画のアマモが消失しました。原因としては、実験区内の濁りによる光量不足などの影響が大きいものと考えられます。
 結果として、本実験環境では、基盤材料とアマモの育成状況との関係を明らかにすることは出来ませんでした。
 
 
 
調査項目ほか
 
 
 アサリのモニタリング調査は平成18年5月から平成19年1月までの期間、原則として2ヶ月に1回の頻度で実施しました。
 
アサリのモニタリング調査の項目及び方法、数量

項目

方法

数量

アサリの生息状況

 ・成貝の生残率

ダイバーによる採取・計数

5区画×5実験区×5回

 ・成貝の殻長

デジタルノギスによる計測

底質環境

 ・地盤支持力

土壌硬度計による計測

アサリ実験区
25区画×5実験区×2回

 ・水素イオン濃度

海底直上水の採取及びpH計による計測

アサリ実験区
1区画×5実験区×5回

 ・溶存酸素

海底直上水の採取及びDO計による計測

 ・酸化還元電位

底土の採取及びORP計による計測

 ・生物化学的酸素要求量(COD)

底土の採取及び室内分析

アサリ実験区
1区画×5実験区×5回

 ・強熱減量

 ・全窒素

 ・硫化物

アサリ実験区
1区画×5実験区×5回

 ・クロロフィルa

アサリ実験区
1区画×5実験区×5回

 ・フェオ色素


調査時期
 
 
各項目の調査時期

項目

H18

H19

5月

7月

9月

11月

1月

アサリの生息状況

 ・成貝の生残率

 ・成貝の殻長

底質環境

 ・地盤支持力

 

   

 ・水素イオン濃度

 ・溶存酸素

 ・酸化還元電位

 ・生物化学的酸素要求量(COD)

 ・強熱減量

 ・全窒素

 ・硫化物

 ・クロロフィルa

 ・フェオ色素


 
調査区画
 
 


調査結果
   
 
 ここでは、アサリの生息状況に関する調査結果について紹介します。
 
アサリの生息状況
 
 
成貝の生残率
   
 移植から2年2ヶ月後(平成19年1月)における成貝の生残率は平均7.5%でした。
 成貝の生残率は、平成18年度は20ヵ月後(平成18年7月)から22ヵ月後(同年9月)の期間に最も急激に減少しました。
 
 
 移植から2年2ヶ月後(平成19年1月)で、成貝の生残率が最も高い値を示した実験区は現地盤区であり、以下、Hiビーズ区(80%、20%)、浚渫土区、Hiビーズ区(50%)の順でした。
 


アサリ実験区の状況(平成19年1月)
 
成貝の殻長
   
 
 成貝の成長量は、移植から2年2ヶ月後(平成19年1月)までで8.8mmでした。
 

  


アサリの殻長の計測(平成19年1月)
 
天然稚貝
   
 
 移植から2年2ヶ月後(平成19年1月)までに、全実験区において天然稚貝の生息が確認されました。
 
各実験区における天然稚貝の生息状況
                           (単位:個体数(個体)、殻長(mm))

調査年月

実験区
(現地盤)

実験区
(浚渫土)

実験区
(Hiビーズ20%)

実験区
(Hiビーズ50%)

実験区
(Hiビーズ80%)

平成17年11月

9
7.1〜14.5mm

5
7.1〜9.9mm

3
7.6〜14.2mm

平成18年1月

5
8.1〜10.0mm

1
8.0mm

5
6.8〜20.0mm

    5月

5
13.5〜21.9mm

14
23.9〜29.8mm

11
12.6〜28.2mm

3
12.0〜15.5mm

    7月

15
10.3〜24.6mm

1
27.9mm

4
12.3〜15.7mm

2
17.7〜27.3mm

    9月

13
12.5〜29.4mm

3
20.7〜30.3mm

3
17.8〜24.2mm

3
16.2〜16.5mm

    11月

7
12.5〜31.7mm

1
33.1mm

1
26.0mm

平成19年1月

10
12.8〜29.8mm

1
27.0mm

注)上段:天然稚貝の個体数(個体)、下段:天然稚貝の殻長を示す。



もどる



Copyright (C)2004 瀬戸内里海振興会 All Rights Reserved